コラム | 再建築不可物件の買取なら第一土地建物株式会社
再建築不可買取専門 第一土地建物株式会社

コラム一覧

  • コラムの記事一覧


買取実績

荒川区西尾久
荒川区西尾久 | 一戸建
大田区久が原
大田区久が原 |
葛飾区柴又
葛飾区柴又 | 一戸建
練馬区田柄
練馬区田柄 | 一戸建
文京区根津
文京区根津 | 一戸建
北区十条仲原
北区十条仲原 | アパート

全ての買取実績を見る

再建築不可の関連コラム一覧

再建築不可物件に抜け道はある?所有するリスクと活用方法を解説
2022年2月15日

   再建築不可物件を所有することには多くのリスクがともなうため、なんと [つづきを読む] 

無道路地でも建て替えは可能?リフォームや売却についても解説
2022年2月5日

   「無道路地」と呼ばれる土地には法的な制限があり、現在建っている建築 [つづきを読む] 

建築基準法における耐震基準とは?新旧の違いや耐震補強についても解説
2022年1月25日

  地震大国と呼ばれる日本で建築物を建てる際には、建築基準法で定められた耐震基準を [つづきを読む] 

【再建築不可物件】コンテナハウスや駐車場・駐輪場などとして活用できる?
2022年1月15日

  所有している再建築不可物件を、コンテナハウスや駐車場などとして活用したいと考え [つづきを読む] 

再建築不可物件の所有者必見!43条但し書きの概要や注意点など解説
2021年12月15日

  「再建築不可物件」は、原則として建て替えや増改築ができないため、売却活動を行な [つづきを読む] 

再建築不可の市街化調整区域とは?メリット・デメリット、土地活用方法を紹介
2021年11月15日

  市街化調整区域とは、市街化が抑制されている地域のことです。この地域では新築や改 [つづきを読む] 

再建築不可の売りアパートの運用方法やメリット・デメリットを詳しく解説!
2021年11月5日

  運用を検討している一棟売りアパートが「再建築不可物件」に該当するとわかったもの [つづきを読む] 

建築基準法における床面積とは?不算入となる部分についても徹底解説
2021年10月25日

  「床面積」という言葉を聞いたことがあっても、実際にどこまでの面積を含めるものな [つづきを読む] 

共同担保とは?再建築不可物件を共同担保で購入する際の注意点
2021年10月15日

再建築不可物件の購入を考えていても、なかなかローンを利用できずにお困りの方も少なくないでしょ [つづきを読む] 

建築基準法の道路斜線とは?適用範囲の計算や緩和のルールを解説
2021年10月5日

  家を新築・増築する場合、面積や高さなどに対してさまざまな決まりがあります。これ [つづきを読む] 

建築基準法とは?改正の理由や家の新築・建て替えに関わる基本ルールを解説
2021年9月25日

  自分の土地に家を建てる場合でも、すべてを自由に決めて建築することはできません。 [つづきを読む] 

確認申請をしないと建築基準法違反?申請が必要な理由と工事までの流れ
2021年9月15日

  建築確認申請は、建築物に増築や改築などの工事をする際、必要になる手続きです。建 [つづきを読む] 

道路法による道路とは?再建築不可物件との関係を解説
2021年9月5日

  再建築不可物件の多くは、法律で指定される道路に対して、十分に接道していない「接 [つづきを読む] 

接道義務の例外となる2項道路とは?2項道路に欠かせないセットバックについても解説
2021年8月25日

  都市計画区域および準都市計画区域内の土地には、原則として「幅員4メートル以上の [つづきを読む] 

再建築不可物件が売れない原因とは?メリットや売れない場合の活用法も解説
2021年8月15日

  再建築不可物件は、増築や改築といった工事が制限されている物件です。そのため、通 [つづきを読む] 

無道路地を売却する方法とは?売却価格の相場や活用方法も紹介
2021年8月5日

  無道路地とは、建築基準法の道路に接道していない土地を指します。住宅の建て替えに [つづきを読む] 

無道路地の鑑定評価とは?評価方法や事例も紹介
2021年7月25日

  無道路地は、道路に接しておらず住宅の工事が限定されるため、市場での需要が低い土 [つづきを読む] 

再建築不可になる位置指定道路とは?再建築を可能にするための方法もご紹介
2021年7月15日

  分譲住宅地など、一部の土地は「位置指定道路」に接道している場合があります。通常 [つづきを読む] 

無道路地とは?評価方法や手順を詳しく解説!
2021年7月5日

無道路地は、通常の宅地とは評価額の算出方法が異なります。道路につながっていないという性質から [つづきを読む] 

再建築不可物件の相場はいくら?買取業者の選び方も解説
2021年1月15日

土地を取得した際、誰もがすぐに思いつくのが土地を現金化することでしょう。しかし、土地が“再建 [つづきを読む] 

接道義務とセットバックとは?必要な費用や計算方法・注意点も紹介
2021年6月25日

都市計画区域・準都市計画区域内の土地は、建築基準法の基準にのっとり、道路に面していなければな [つづきを読む] 

再建築不可物件の売却で後悔したくない!売却の注意点やメリット・デメリットを徹底解説
2021年6月15日

再建築不可物件は、仲介会社を通した売買では売却しにくく、買い手が付きづらい不動産です。再建築 [つづきを読む] 

地震で再建築不可物件が倒壊!?リスク回避と売却の方法を解説
2021年6月5日

  不動産を所有している方にとって、地震による損傷・倒壊は大きなリスクの一つです。 [つづきを読む] 

水路に接する土地を購入する前に!押さえておきたいポイントと売却方法
2021年5月25日

  水路に面する土地は全国に点在しており、都市部でもしばしば目にします。しかし、敷 [つづきを読む] 

旗竿地とは?購入するメリット・デメリットや注意点を解説
2021年5月15日

  旗竿地は、その形状や性質から“住宅地として活用しづらい”といわれており、通常の [つづきを読む] 

再建築不可物件の相続手続きはどうする?相続放棄や売却方法も解説
2021年5月5日

再建築不可物件を相続することになったとき、処分方法に困ることは珍しくありません。相続は人生で [つづきを読む] 

再建築不可物件でも保険に加入できる!火災保険や地震保険への加入が必須の理由とは
2021年4月25日

再建築不可物件は現行の建築基準法に適合しておらず、建て直しが制限される土地です。そのため、「 [つづきを読む] 

再建築不可の固定資産税は安い?税金の計算方法や固定資産税評価額の調べ方などを解説
2021年4月15日

物件の購入を考える際、固定資産税は非常に気になる点の一つです。税金がいくらかかるのかを計算せ [つづきを読む] 

袋地と囲繞地の違いとは?基本を押さえて有利な不動産売買を!
2021年4月5日

  不動産広告などで、ときおり見かける「袋地」「囲繞地」という言葉の意味をご存知で [つづきを読む] 

通行地役権とは?通行地役権の登記・時効取得・トラブル事例を紹介
2021年3月25日

  「通行地役権」とは、近隣の住人との間で設定する土地の権利の一つです。非常に重要 [つづきを読む] 

既存不適格物件の売却!建ぺい率や容積率がオーバーした物件の売却方法を紹介
2021年3月15日

  古い家の売却を検討する場合、しばしば「建物が既存不適格物件だった」と判明し、問 [つづきを読む] 

接道義務とは?不動産購入で知っておきたい接道義務のイロハ
2021年3月5日

不動産の購入を考える際、“接道義務”という言葉を聞いたことはありませんか? 物件が接道義務を [つづきを読む] 

再建築不可とは?知っておきたいメリット・デメリット・売買のポイント
2021年2月25日

再建築不可物件とは、文字どおり“再建築のできない物件”を指します。では、なぜ再建築できないの [つづきを読む] 

既存不適格物件とは?特徴とポイントを押さえて賢く売買しよう!
2021年2月15日

既存不適格物件と聞くと、「違法な建築物なのではないか」と思う人もいるかもしれません。現行法の [つづきを読む] 

再建築不可物件への投資はおすすめ?投資向きの物件と成功のコツをチェック!
2021年2月5日

  再建築不可物件は物件の建て直しが規制されますが、購入価格が安いというメリットが [つづきを読む] 

再建築不可物件はどうするべき?放置するデメリットと活用方法を徹底解説!
2021年1月25日

  再建築不可物件の所有者となったものの、「物件をうまく活用できない」「相場がわか [つづきを読む] 

再建築不可物件は耐震補強できる?リフォームのメリットと注意点
2021年1月5日

  近年の大型地震の発生により、所有する物件の耐震工事を検討している方が増加してい [つづきを読む] 

再建築不可物件は更地にするのがおすすめ?メリットとデメリットを解説
2020年12月25日

  古家の建っている再建築不可物件は、更地にしたほうが良いといわれることも多いです [つづきを読む] 

再建築不可物件の活用術!担保価値の低さをカバーするには?
2021年1月20日

  一般的に、再建築不可物件の担保価値は非常に低いといわれています。そのため、所有 [つづきを読む] 

再建築不可物件の資産価値は?売却するための手段を解説
2020年12月15日

  再建築不可物件は、通常の土地や住宅と比較して資産価値が低く売却しにくい土地です [つづきを読む] 

再建築不可物件のメリット・デメリットを徹底解説!購入と売却でどう変わる?
2020年12月10日

  再建築不可物件は増改築が規制されることなどから、購入を敬遠されることの多い不動 [つづきを読む] 

再建築不可物件(土地)の相場はどれくらい?価格をアップさせる方法を知り土地活用
2020年12月5日

再建築不可物件の相場は、似た条件の通常物件に対して3割から7割程度といわれています。しかし、 [つづきを読む] 

再建築不可物件の救済措置とは?おすすめの活用法などを紹介
2020年11月25日

  そのままでは建物の建て替えが難しい再建築不可物件ですが、所有者のなかには「でき [つづきを読む] 

再建築不可物件かどうかの調べ方とは?知っておくといい基礎知識なども解説
2020年11月15日

  土地の入手や売却など、さまざまなタイミングで「この土地は再建築不可物件ではない [つづきを読む] 

再建築不可でも建て替えできる?上手な活用法なども解説
2020年11月5日

  遺贈や相続などを機に“再建築不可物件”の持ち主になることがあります。せっかく取 [つづきを読む] 

再建築不可物件のリフォーム範囲はどこまで?リフォームの注意点も解説
2020年9月30日

「再建築不可の物件を購入したのは良いけれど、老朽化してきて困っている」「再建築不可の物件を自 [つづきを読む] 

再建築不可物件に利用できる住宅ローンについて
2020年9月20日

  通常の物件に比べると、安価に購入できる再建築不可物件。定年後のセカンドハウスや [つづきを読む] 

再建築不可の物件は需要アリ!高値で売るためのポイントを解説
2020年9月10日

  再建築不可物件は基本的に建て替えができないため、売却できないと諦めている方も多 [つづきを読む] 

低未利用地の利用促進税制に期待/全宅連
2019年9月4日

(公社)全国宅地建物取引業協会連合会は4日、国土交通省へ提出した「令和2年度税制改正および土 [つづきを読む] 

放置予想される土地の管理でとりまとめ
2019年5月21日

 国土交通省は20日、国土審議会計画推進部会国土管理専門員会の2019年におけるとりまとめ「 [つづきを読む] 

東京都が空き家対策ガイドブック
2019年3月25日

東京都は22日、空き家の解決事例と基礎知識をとりまとめた「東京空き家ガイドブック」を作成した [つづきを読む] 

土地基本法改正の方向性を提言/国交省
2019年2月28日

国土交通省は27日、所有者不明土地の発生抑制・解消に向けて、土地に関する基本制度の見直しにつ [つづきを読む] 

地籍調査迅速化へ中間とりまとめ/国交省
2019年2月27日

国土交通省は27日、国土調査のあり方に関する検討小委員会の中間とりまとめを発表した。一部の所 [つづきを読む] 

所有者不明土地に関する新法案が閣議決定
2019年2月22日

政府は所有者がわからない土地の解消に向け、2段階で対策を打ち出す。すでにある不明土地を減らす [つづきを読む] 

所有者特定、税情報が有効 空き家対策で総務省調査
2019年2月9日

総務省は22日、自治体による空き家対策の実態調査結果を公表した。現場が抱える悩みへの対応策を [つづきを読む] 

所有者不明土地、責務や必要な措置の方向性を議論
2019年1月25日

国土交通省は24日、第6回国土審議会土地政策分科会特別部会(部会長:早稲田大学大学院法務研究 [つづきを読む] 

空家等対策計画、人手不足等で進まない自治体も
2019年1月22日

総務省は22日、空き家対策に関する実態調査結果を発表。全国93の自治体の各種取り組みの実施状 [つづきを読む] 

所有者不明土地研究会が中間とりまとめ
2018年10月12日

(一財)国土計画協会の所有者不明土地問題研究会II(座長:増田寛也氏・野村総研顧問)は11日 [つづきを読む] 

首都圏小規模戸建て価格、2ヵ月連続の上昇
2018年12月7日

(株)東京カンテイは7日、2018年11月の主要都市圏別・新築小規模木造一戸建て住宅平均価格 [つづきを読む] 

全国主要都市の地価、9割が上昇
2018年8月18日

国土交通省は17日、主要都市の高度利用地地価動向をまとめた「地価LOOKレポート」(2018 [つづきを読む] 

空き家所有者の外部情報提供ガイドライン拡充
2018年6月8日

国土交通省は8日、「空き家所有者情報の外部提供に関するガイドライン(試案)」の内容を大幅に拡 [つづきを読む] 

所有者不明土地の利用促進に向け提言/自民党
2018年5月25日

自由民主党の所有者不明土地等に関する特命委員会は24日、とりまとめ「所有から利用重視へ理念の [つづきを読む] 

改正都市再生特措法が成立。低未利用地活用へ
2018年4月19日

 都市再生特別措置法等の一部を改正する法律案が18日、衆議院本会議で可決、成立した。 人口減 [つづきを読む] 

東京圏地価、住宅地が6四半期連続上昇
2018年4月9日

 (株)三友システムアプレイザル不動産金融研究所は12日、「三友地価インデックス 東京圏の最 [つづきを読む] 

既存住宅流通促進に向けた指針を発表/東京都
2018年3月29日

 東京都は28日、既存住宅流通にかかわる事業者向けに「既存住宅の流通促進に向けた指針」を策定 [つづきを読む] 

東京都、市街化調整区域での空き家活用を可能に
2018年3月22日

東京都は20日、市街化調整区域内での開発許可審査基準の改正を決めた。4月以降の受付案件より適 [つづきを読む] 

ちんたい協、合法民泊の提供へガイドブック
2018年3月15日

(公社)全国賃貸住宅経営者協会連合会はこのほど、「民泊ガイドブック」を作成、公表した。 厚生 [つづきを読む] 

「所有者不明土地特措法」が閣議決定
2018年3月2日

「所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法案」が9日、閣議決定した。 不動産登記簿等 [つづきを読む] 



お問い合わせから引渡しまでの流れ

  1. STEP01 お問い合わせ
    お電話または問合わせフォームよりお問合わせください。
  2. STEP02 物件の調査
    再建築可能か不可か調査し、再建築不可であれば、可能に出来るのかも含めて調査致します。
  3. STEP03 査定
    再建築が可能な場合と再建築不可だった場合での査定額を迅速に提示致します。
  4. STEP04 契約
    物件の査定額にご納得いただければご契約の流れになります。
  5. STEP05 お引き渡し
    最終残代金をお支払いした後、鍵のお引き渡しになります。

再建築不可買取の関連コラム一覧

再建築不可物件に抜け道はある?所有するリスクと活用方法を解説
2022年2月15日

   再建築不可物件を所有することには多くのリスクがともなうため、なんと [つづきを読む] 

無道路地でも建て替えは可能?リフォームや売却についても解説
2022年2月5日

   「無道路地」と呼ばれる土地には法的な制限があり、現在建っている建築 [つづきを読む] 

建築基準法における耐震基準とは?新旧の違いや耐震補強についても解説
2022年1月25日

  地震大国と呼ばれる日本で建築物を建てる際には、建築基準法で定められた耐震基準を [つづきを読む] 

【再建築不可物件】コンテナハウスや駐車場・駐輪場などとして活用できる?
2022年1月15日

  所有している再建築不可物件を、コンテナハウスや駐車場などとして活用したいと考え [つづきを読む] 

再建築不可物件の所有者必見!43条但し書きの概要や注意点など解説
2021年12月15日

  「再建築不可物件」は、原則として建て替えや増改築ができないため、売却活動を行な [つづきを読む] 

再建築不可の市街化調整区域とは?メリット・デメリット、土地活用方法を紹介
2021年11月15日

  市街化調整区域とは、市街化が抑制されている地域のことです。この地域では新築や改 [つづきを読む] 

お知らせ・ニュース

第一土地建物株式会社 お電話でのお問合せはこちら 0120-376-790 電話受付時間 平日10:00-20:00

調査/現地調査/立入検査/高価買い取り ウェブからのお問い合わせ

第一土地建物株式会社 お電話でのお問合せはこちら 0120-376-790 電話受付時間 平日10:00-20:00

調査/現地調査/立入検査/高価買い取り ウェブからのお問い合わせ

PAGETOP
お悩みをすぐに解決したい方、専門スタッフがお答え致します